陰山英夫のビジネスバッグK-model K-tote

仕事力が上がる鞄。


出張が多い私はバッグ・コレクターであり、
自他とも認める鞄のヘビーユーザーです。
今まで出張対応のビジネスバッグは重く大きく、
しかも中途半端な収納ポケットや、
パッキングにかかる工夫や手間など、
ユーザーへの十分なリサーチもなく不満だらけでした。

【私が理想とするのは直感的に使える鞄】

これからの動的ビジネスシーンではパソコンなど 情報関連ツールの収納と
展開力が優先されます。
さらにアナログ的なノートや筆記具、資料を始め、 キチンとした
身だしなみを実現する生活アイテムが バッグ内に整然とパッケージ
されるのが理想。
K-modelは仕事に集中出来るスタイルを徹底的に考えるという
今まで無かった発想で生み出されたバッグです。

陰山英男先生プロフィール

陰山英男
1958年兵庫県生まれ。
89年に兵庫県朝来郡朝来町立山口小学校に赴任。「陰山メソッド」と呼ばれる読み、書き、計算の基礎を重視した反復学習と早寝、早起き、朝ご飯などに代表される生活改善の指導で子ども達の学力を驚異的に伸ばしスーパー教師の異名を取る。
「百ます計算」をはじめ陰山メソッドを教材化した「徹底反復シリーズ」(小学館)は累計760万部の大ベストセラーほか著書多数。
現在、立命館大学教授、立命館小学校副校長。さらに文部科学省の中教審教育課程部会特別委員、2012年より大阪府教育委員会委員長を委嘱される。

陰山英男先生 緊急出演!

カバンメーカー「マンハッタンパッセージ」と
立命館大学教授・陰山英男先生とのコラボレーションビジネスバッグ「K-model」、「K-Tote」のコンセプト、特徴、機能を紹介。
陰山先生ご自身がこのビジネスバッグの魅力を語っています。
1「K-model」動画
2「K-Tote」動画